小顔に生まれ変わる【フェイスラインを整えてコンプレックス解消】

女性

憧れのフェイスラインに

顔のマッサージ

骨を削る方法以外にも

フェイスラインの悩みを解決する方法はもう骨を削ることしか残されていないと諦めてはいないでしょうか。ダイエットしてもなかなか小顔にならないとなると、生まれつきの骨格が原因となっていると考えるのも無理はありません。しかし、小顔にする整形イコール骨を削る大手術と決めつけてしまうのは早いのです。小顔の整形には手術を伴わない方法もたくさんあることをご存知でしょうか。美容整形外科では広く使われているボトックスを使った治療は小顔の整形にも使用されています。ボトックスは筋肉をひきしめて見せることができエラにお悩みの方にも有効な方法なのです。顔のバランスは1ミリ違うだけでもまったく印象は変わるということは美容整形の世界ではよく知られている話です。ボトックスは注射で注入する方法で行われるので手術のように大掛かりではありません。注射針による痛みさえ我慢できれば翌日から仕事に行けるほどダウンタイムも短く、気分的にも気軽に受けられる小顔の整形であると言えるでしょう。加齢により顔の筋肉や脂肪がたるんで顔が大きく見えているケースもあり、そのようなたるみにもボトックスはおすすめです。筋肉ではなく脂肪で顔が大きくなっている場合は脂肪吸引という方法もあります。部分痩せが難しいと言われるように体は痩せているのに顔に脂肪がつきやすい体質の方もいますし、体を脂肪吸引で痩身する時に顔の脂肪もバランスを合わせて取った方がきれいに仕上がることもあります。小顔を手に入れたいという方は気軽に美容整形外科に相談してみましょう。

諦めていた髪型にも挑戦

モデルやタレントには八頭身や九頭身といったような方もいます。これは身長が高いというだけでなく顔が小さいということも表しているのです。昔は舞台で活躍する役者は顔が大きな方が後ろの座席まで表情が良く見えるという理由からも好まれていました。しかし時代が変わってテレビ画面を通しての活躍が増えたり、海外のスーパーモデルの存在が知られるようになったこともあり日本でも小さな顔の方が美しいという考える風潮が広まってきて今日に至っているのです。流行のファッションや髪型に挑戦してみたいけれど、モデルが着るから似合うだけと諦めている方もいるでしょう。確かに全身のバランスや顔の大きさはファッションコーディネートを考える上でも無視できるものではありません。どんなに流行していて街でよく見かけるようなファッションや髪型も似合っていなければ魅力的とは言えないのです。特に髪型と顔の形の相性は大切です。小顔の方にしか似合わないような髪型もありますし、より顔を大きく見せてしまいやすい髪型もあります。顔が大きいことやエラが張っていることがコンプレックスとなっている方の中には、いつも同じ髪型を選んでしまっているという方もいるのではないでしょうか。フェイスラインを隠すような髪型は場合によっては暗い印象を与えてしまうこともあります。手軽な整形で小顔を手に入れることで新しい髪型やファッションに挑戦することができるようになるのです。小顔の整形で流行をもっと前向きに楽しんでみましょう。

むくみと手術で顔を小さく

指をさす女性

顔が大きく見える原因のほとんどはむくみです。むくみを誘発する生活習慣や食生活を改善する必要があります。顔の骨格が大きい人は、美容整形の手術を受けることで小顔にすることができます。頬骨や下顎骨を削ることで小顔効果を一生保つことができます。口の中からの手術なので傷が見える心配はないのです。

View Detail

顔を小さくするためには

鏡を見る女性

顔が大きすぎるというコンプレックスがある人は、美容外科クリニックに行って小顔治療を受けるようにするとよいです。顔の骨格そのものが大きくなっている人には、骨を削る美容整形手術が適しています。ただし、それ以外にも様々な種類の小顔治療があります。

View Detail

エラ張り顔を治す方法とは

笑顔

エラの部分の筋肉が発達しすぎて顔が大きくなっている人は、ボトックス注射を用いる小顔整形治療を受けるようにするとよいです。ボトックス注射を打つと、その部位の筋肉が収縮しなくなります。その結果、筋肉が痩せて細くなり、小顔になることができます。

View Detail