小顔に生まれ変わる【フェイスラインを整えてコンプレックス解消】

ウーマン

顔を小さくするためには

鏡を見る女性

顔が大きすぎるという悩みを抱えている人がたくさんいますが、美容外科クリニックへ行くと、医学的根拠に基づいた小顔治療を受けることができます。通信販売で怪しげな小顔クリームを購入して顔に塗っている人がたまにいますが、どのような成分が含まれているのかはっきりしない製品が多いので、安易な使用は避けるようにした方がよいです。人体に有害な成分が含まれている粗悪品も出回っていますので、注意が必要です。でも、美容外科クリニックはれっきとした医療機関ですから、安心して利用することができます。美容外科クリニックに行くと顔を切る整形手術を受けることになると心配する人が少なくありませんが、メスを用いる整形手術以外の治療方法もありますので、まずは相談してみることをおすすめします。現在美容外科クリニックで行われている小顔治療の方法には、顔にメスを入れて骨を削る整形手術、ボトックス注射や脂肪溶解注射、高周波治療などがあります。一口に顔が大きくなっているといっても、骨格自体が大きい場合もあれば、顔に余分な脂肪がついてしまっている場合や、筋肉が発達しすぎているような場合もあります。骨格そのものが大きい場合は骨を削る美容整形手術が有効ですが、脂肪のつきすぎや筋肉の発達しすぎが原因で顔を大きくなってしまっている場合は、骨を削るような大掛かりな美容整形手術を受ける必要はありません。その場合は、他の方法でも十分に対処できる可能性が高いです。とはいえ、個人が自分で行えるような方法ではありませんので、美容外科クリニックを受診する必要があります。

先程も言ったように、骨格自体が大きすぎることが原因で顔が大きくなってしまっている場合は、骨を削る美容整形手術を受けるのが望ましいです。ただし、術後のダウンタイムが長くかかるというデメリットがありますので、自分が置かれている状況をよく考えた上で治療を受けるかどうかを決める必要があります。骨折した場合をイメージしてもらうとわかりやすいですが、骨折が完治するまでにはかなり長い時間がかかります。その間は、患部に強い痛みや腫れが起こるため、普通に生活することができなくなってしまいます。顔の骨を削る手術を受けた場合もほぼ同様の状態に陥りますので、仕事や家事を長期間休むことができない事情がある人は、他の方法による小顔治療を検討してみる方がよいです。たとえ骨格自体を小さくすることができなかったとしても、顔についている余分な脂肪やむくみを落としたり顔の筋肉を痩せさせたりするだけで、顔の印象が大きく変わります。顔についている余分な脂肪をなくすためには、脂肪溶解注射の利用が効果的です。また、顔のむくみを解消するためには、マッサージでリンパの流れを改善するという方法が有効です。さらに、余分な脂肪やむくみのために顔の皮膚がたるんでしまっている場合は、高周波を照射するという方法で、肌をスッキリと引き締めることができます。これだけで、軽くふた回り程度は小顔にすることができますので、負担の大きい外科手術を受けずに済ませることが可能になります。ちなみに、顎の付け根の筋肉が発達しすぎていることが原因で顔が大きくなっている場合は、ボトックス注射がよく効きます。