小顔に生まれ変わる【フェイスラインを整えてコンプレックス解消】

ウーマン

むくみと手術で顔を小さく

指をさす女性

むくみの生活習慣を改善

人間の顔の骨格というのは人によって違いますが、大きさなどはほとんど同じです。ですから顔が大きく見える人というのは、むくんでいる場合が多いのです。小顔にしたい場合はまずむくみを取ることが大切で、また日常生活でもむくみが出ないような工夫が必要です。むくみというのは体内の水分が皮膚の下に溜まることで起こります。なぜ溜まるかというと、リンパ腺や血管などから水分が染み出すのです。その原因は食生活や生活習慣にあります。塩分を摂りすぎたり、ビタミンやミネラルが不足するとむくみます。また睡眠不足やストレスなども原因です。女性の場合は整理もむくみの原因になります。前日にアルコールを飲み過ぎると、ほとんどの人が翌朝は顔がむくんでいます。それと同じで、普段から顔がむくむような生活をしていると顔が大きく見えます。小顔にするにはこのような生活を改善する必要があります。食生活で効果があるのは水分を多く含むスイカやブドウ、穀物類や緑黄色野菜です。これらの食べ物には老廃物を排出する働きを活発化させるので、むくみ解消になります。尿によって老廃物は体外に排出されるのです。特にビタミンB1を多く摂ると効果があります。豚肉、豆腐、小豆、かぼちゃなどです。また体内の新陳代謝を良くすると血行がよくなり、体内の細胞も活性化してむくみの予防になります。定期的に運動したり、マッサージをすると血行が良くなります。特に顎の付け根などのリンパマッサージをすると、老廃物の排出に効果があります。

傷の見えない手術

むくみの改善によって小顔にすることはできますが、それでも大きく見える場合は骨格の形状が原因なので、我慢するか美容整形で治療をするしかないのです。美容整形には輪郭矯正という治療法があります。例えば日本人に多いのが頬骨が出ているケースです。頬骨の矯正にはアーチ・インフラクチャーという整形が行われます。口の中から骨切りをするので傷が目立たず、卵形に近い小顔にすることができます。手術時間は1時間半ぐらいで全身麻酔をしてから施術します。入院する必要はないのですが回復までに2週間から4週間かかります。またエラが張っているケースも日本人に多く見られます。エラが張っていると顔が四角になり大きく見えてしまうのです。これには下顎骨外板切除術という整形が行われます。これも口の中から施術するので傷が外から見えないのです。正面の輪郭をほっそりさせるために下顎骨の厚みを減らし、横顔をすっきりさせるために下顎角という角の部分を切除します。この2つの施術によって美しいフェイスラインを作ることができます。手術時間は2時間程度で、やはり入院は必要ないのです。この他にも顎が大きい場合は、顎の骨の中間部分を切り取って顎の長さを小さくする整形もできます。出っ歯や受け口なども顔を大きく見せる原因となるので、骨切り手術によって小顔にすることができますこのように整形手術を受ければ物理的に骨格を小さくできるので、小顔効果を一生保つことができます。最近の美容整形の著しい進化を見ていると、今後はさらに簡単に骨切り手術できる方法が開発され、誰でも簡単に小顔にすることができるようになります。